ピルをもらう為の受診について

病院で処方されるピルと、通販のピルは違うのか・・という疑問もあると思いますが、同じメーカーのピルなら効果は同じです。

しかし、病院で処方されたピルなら安心して服用する事ができると思いませんか?

逆に、通販で購入する場合は自分以外の誰にも責任はありませんので、ちょっと不安になってしまうという事が言えます。

薬がなくなったら病院に行かないといけないという事を考えると、通販の方がラクという事もありますから、状況に応じて病院と通販を使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

通販で購入した方が安いというピルユーザーも多いようなので、口コミなど、情報を収集してみても良さそうです。

服用方法を間違えると効果が薄れる恐れ

ピルは毎日飲むのが基本です。

1日1回飲めばいいと思ってしまう方もいらっしゃるようですが、毎日同じ時間に飲まないと効果が薄れてしまうという事もあるようですから気を付けなければなりません。

飲み忘れても早めに服用すれば問題ないと言われていたりするのですが、飲み忘れに気付いてすぐに飲んでも、出血したりする事がありますから、その際は避妊効果が薄れいていると判断した方がいいでしょう。

その後はピルの服用をしてコンドームを併用するという感じが安心です。

ピルの効果が薄れてもコンドームをしておけば避妊率は保てますので、常に両方で避妊する事をオススメします。

避妊率の高さを重要視

ピルを低価格で購入するなら、通販がオススメとなっています。

避妊方法は色々ありますが、女性主体で避妊することも重要ですし、避妊率の高さも重要視したい部分です。

子宮内に挿入する避妊器具もありますが、体に合わない人もいて、子宮内に挿入してもすぐにはずれてしまうというような事もありますから、ピルの方が安心という方も多いようです。

薬を飲む事に抵抗があるとか、合わない薬があるとか、アレルギーがあるというような感じの方は避妊器具で避妊するという事もあるのですが、出産経験がないとダメだとか色々決まりがあるので、比較的簡単に避妊する事ができるピルが人気となっているのです。

ピルの入手方法は病院だけ?

ドラッグストアでは販売しておらず、。日本では医師の診断を受け、処方箋がないと購入する事ができないのですが、通販で購入している方もいらっしゃいます。

安く購入できるということですので、通販を利用するのもいいかもしれません。

ただ、ピルに慣れていない方は色んな副作用が出てしまう可能性もありますので、しばらくは様子をみてみる必要があります。

服用後しばらくは、気持ち悪いとか頭痛がするというような事もあるのですが、血栓症などのリスクもありますので、おかしいな・・と思ったらすぐに服用を中止して下さい。

ピルは多くのメリットもありますので、沢山の方に始めていただきたいと思います。